スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<準強姦>元障害者支援施設職員に懲役4年6月 千葉地裁(毎日新聞)

 重度の知的障害を持つ20代の女性入所者に性的暴行を加えたとして準強姦(ごうかん)罪に問われた千葉県白子町の元障害者支援施設職員、榊田悠人被告(23)に、千葉地裁(安東章裁判長)は21日、懲役4年6月(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、榊田被告は09年1月ごろ、同県一宮町の民間施設「青松学園」で、知的障害のため意思表示できない女性に性的暴行を加えた。女性は妊娠し同8月に死産。DNA鑑定で父親が榊田被告と判明した。検察側は先月、懲役8年を求刑したが、示談が成立したため、この日、求刑を改めた。

 安東裁判長は「立場を悪用し、被害者が重度の知的障害で誰にも伝えられないことを知りながらの犯行で悪質、卑劣極まりない」と指摘した。【駒木智一】

【関連ニュース】
篠山紀信氏:略式起訴…礼拝所不敬など 墓地でヌード撮影
国選弁護制度:利用件数1年間で9倍に 対象事件拡大で
児童買春容疑:35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」
裁判員裁判:求刑上回る判決 さいたま地裁
裁判員裁判:耳の不自由な補充裁判員へ要約筆記者 奈良

貿易収支、7423億円の黒字=13カ月連続―4月(時事通信)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
<桜前線>ようやく稚内に到達 観測史上最長の73日(毎日新聞)
トヨタ、「パッソ」を自主改修=2万台超、低速時などにエンスト(時事通信)
<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
スポンサーサイト

口を真一文字に結び…小沢氏、検事とどう向き合ったのか(産経新聞)

 小沢一郎氏の再聴取は、東京地検特捜部が入る検察庁舎から、日比谷公園をはさんで真向かいに見える東京・内幸町の帝国ホテル東京で行われた。政権与党の幹事長が3回も聴取を受ける異例の事態。小沢氏はホテルの一室で検事とどう向き合ったのか。聴取前、自宅を出てホテルに向かう小沢氏は口を真一文字に結んだままだった。

 東京都世田谷区の自宅から小沢氏が姿を見せたのは午後0時15分。足早に車に乗り込み、港区の小沢氏のマンションに向かった。その後、マンションを出た小沢氏は、スーツ姿でワンボックスカーの後部座席に座り、背筋を伸ばして前を見据えた。

 午後2時半すぎ、小沢氏が乗る車がホテル裏口から地下駐車場に入る。これと前後して、ホテル周辺には100人以上の報道陣が次々と集まり、玄関や出入り口そばにはカメラマンらの脚立の列が物々しく並んだ。

 館内の宴会場では結婚披露宴が複数行われており、新郎新婦が記念撮影をしたり、多くのドレス姿の客が行き交っていた。都内の会社役員、金本正一さん(68)は「小沢さんですか? 再聴取は当然。最低でも幹事長は辞職するべきだ」と話した。

【関連記事】
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
小沢氏切れば支持率回復も 渡部氏、首相に“提言”
小沢幹事長 なぜ証人喚問に応じない
小沢氏、17日までに聴取へ 指揮命令権どこまで「共謀認定」焦点

捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判-大阪地裁(時事通信)
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣(時事通信)
死亡ひき逃げ容疑、81歳男逮捕…愛知・半田(読売新聞)
学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)
前宝塚市長、二審も実刑=「執行猶予あり得ない」―大阪高裁(時事通信)

地域貢献加算、小児科外来診療料算定時は不可(医療介護CBニュース)

 厚生労働省がこのほど全国の地方厚生局などに事務連絡した「疑義解釈資料その3」によると、再診料が包括される小児科外来診療料や在宅患者訪問診療料などを算定した場合、新設された「地域医療貢献加算」や「明細書発行体制等加算」などの再診料の加算は算定できないとしている。

 地域医療貢献加算は、標榜している診療時間以外に患者からの電話での問い合わせに対応し、必要に応じて診察などを行う診療所が算定できる。厚労省は患者からの問い合わせへの対応について、原則として24時間連絡が取れる体制の整備を求めている。

 事務連絡によると、患者への対応は原則として自院で行うが、「やむを得ない事情」がある場合は、例外的に病院や休日・夜間診療所との連携による対応も可能。こうしたケースはあくまで例外的な対応と考えられるため、複数の診療所や地域医師会が当番制で主務する休日・夜間診療所を緊急時の対応施設とする際には、その連絡先や出務医日程表を提示する必要はない。
 患者からの問い合わせに留守番電話で対応する場合は、音声ガイダンスによる医療機関の紹介に加えてメッセージの録音を行い、録音内容に応じて速やかにコールバックするよう求めている。

 有床診療所での「後発医薬品使用体制加算」の施設基準については、非常勤の薬剤師であっても、後発医薬品の品質などの情報収集・評価に従事し、その評価結果を踏まえて後発医薬品の採用を決定する体制を有していれば、施設基準を満たすと認められる。
 一方、薬剤師の配置がなく、医師が後発医薬品の評価や採用を決定している場合は、施設基準を満たしているとは認められない。

■「地域連携診療計画退院時指導料2」は医療計画に記載なしでも届け出可
 また、事務連絡によると、新設された「地域連携診療計画退院時指導料2」は、都道府県が作成する医療計画に記載されていなくても届け出できる。同指導料は大腿骨頚部骨折と脳卒中の患者が対象で、200床未満の病院や診療所が算定する。
 厚労省が3月5日付で出した特掲診療料の施設基準などの取り扱いに関する通知では、このうち脳卒中で地域連携診療計画退院時指導料を算定する医療機関について、「医療計画において脳卒中に係る医療提供体制を担う医療機関として記載されている保険医療機関」と記載していた。

 区分を再編した運動器リハビリテーション料の取り扱いに関する解釈も示している。それによると、「運動器リハビリテーション料1」の届け出をしている医療機関では、関節の変性疾患など慢性疾患があって日常生活能力が低下している入院患者や、外来患者に運動器リハを提供する場合に、「運動器リハビリテーション料2」が算定できる。


【関連記事】
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省
がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可
地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈
2010年度診療報酬改定のポイント(3)
【中医協】診療所や介護事業所を含めたパスも評価へ

参院選を控え提言書を作成-神奈川県介護支援専門員協会(医療介護CBニュース)
<鳥取連続不審死>捜査本部が解散 半年間にわたる捜査終結(毎日新聞)
<普天間移設>防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
希少疾患LGSの治療薬の国内フェーズ3試験を開始(医療介護CBニュース)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
プロフィール

Author:みとたかおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。